転職活動の進め方

【ベンチャー企業への転職】ベンチャーはキツイ?就職成功に必要なこと

ベンチャー企業へ転職検討中の方は要チェック

自分の人生の岐路とも言える「転職」という行為。大企業・中小企業・独立起業など、転職先を決める中で候補の1つとなるのが「ベンチャー企業」という選択肢です。独自のサービス開発・仕事内容が魅力のベンチャー企業ですが、以下のような迷いから、転職を躊躇するケースもあるのではないでしょうか?

「入社してから、仕事がキツかったらどうしよう…」
「ベンチャーへの転職はネガティブな意見も多いけど、大丈夫かな…」

ベンチャー企業には、ベンチャーならではの面白さがあるのも事実です。私自身、地方の人材系ベンチャー企業で働いた経験を持っていますが、大変ながらも自身のスキルアップにつながる経験になったと感じています。提案営業スキルやWebに関する知識など、多様な業務に携わることで得られたノウハウは、結果として自分のプラスになっています。

コロナウイルスで転職活動も大変ですが、今回はベンチャー企業への転職に焦点を当ててお話していきましょう。

そもそもベンチャー企業って

ベンチャー企業とは「高度な知識・新規技術を活かして、既存の大企業では実施の難しい創造的なサービス開発・革新的な事業展開を行うビジネス」のことを指します。規模的には、中小規模の場合が多いです。

大企業と比べて規模は小さいですが、社会ニーズに合わせて小回りのきく経営活動を行えることが、ベンチャー企業の強みです。ニーズに合った事業展開を行うことで、短期間で市場シェアを席巻できるサービス開発を行える可能性もあります。

今では有名なサイバーエージェントなども、ベンチャー企業の1つです。

ベンチャー企業の魅力と面白さ

ベンチャー企業に転職する魅力として…

  • 事業拡大・スケールアップのノウハウが身につく
  • 革新的な技術開発を通して、仕事のやりがいを体感できる
  • スピード感のある経営環境下で、自身のスキルアップが可能

といったことが挙げられます。

ルーチンワークのような仕事や定形的な業務が少ないので、新鮮に日々の業務に取り組めることが特徴です。

ベンチャー企業への転職で保証できないこと

ベンチャー企業は、設立してから日が浅いケースも多いです。また、顧客の新規開拓を行いながら、サービス開発を行う企業も少なくないかと思います。

そのため…

  • 事業が存続する保証がない (大企業でも同じですが…)
  • 雇用条件・給与形態が体系化されていない場合がある
  • 少人数の場合、ハードワークになる可能性がある

といった可能性は考えられます。事業展開を進める中で、走りながらルールを決めていくといった企業も多いかと思います。

仕事内容重視ならアリ!安定志向ならNG

まとめると、「ベンチャー企業の魅力は事業内容と仕事内容」となります。ベンチャー企業独自のサービス開発と、それに伴う自身のスキルアップがベンチャー企業で働く大きなメリットです。自身の糧となる経験を求める方には、ベンチャー企業はオススメです。

逆に、転職先に安定性を求める人には、ベンチャー企業はオススメできません。「無理なく業務に励んで、コンスタントに稼ぎたい」という方には向かない環境です。「労働環境の改善を図る」ことが最優先であれば、ベンチャー企業への就職は避けたほうが無難でしょう。

日本発ベンチャー企業の紹介

ベンチャー企業に転職するか、それとも安定を求めて大企業を選ぶのか。一度、自分の転職の目的を再考しながら、ベンチャー企業への転職を検討してみることをオススメします。日本のベンチャー企業を数社ほどピックアップしますので、今後の転職活動の参考にして頂ければと思います!

日本のベンチャー企業
  • ティエムファクトリ(株):超軽量断熱素材の開発
  • (株)サブライムジェーピー(SublimeJP):Web広告運用の代行
  • RFルーカス(株):新規物流システムの開発
  • ウミトロン(株):水産養殖を手掛けるベンチャー企業
  • (株)メルカリ:新規フリマアプリ開発
  • (株)クリンタル:健康相談・ヘルスケア系の事業展開
  • Sansan(株):名刺管理ツールの新規開発
  • (株)Be win:新規求人サービスの開発・提案
  • エリーパワー(株):リチウムイオン電池に関わるベンチャー企業
  • TBM(株):石灰石を使用した新規材料開発
  • (株)ボナック:新規医薬品の開発・販売
  • (株)MUJIN:産業用のロボット・システム開発

まだまだ面白いベンチャー企業はたくさんあります。興味を持った方は、ぜひこの機会に探してみてくださいね!コロナウイルスで大変ですが、頑張っていきましょう!

私のベンチャー企業での勤務経験について

本記事の冒頭で、私自身も人材系のベンチャー企業で働いた経験があるとお伝えしました。実際に、地方向けの新規求人サイトの立ち上げやWeb広告運用、人材派遣関係の仕事に従事した経験があります。

入社当時はサービス提案を行う営業業務からスタートとし、その後は求人ページ作成のための打ち合わせやライティング、そして求人ページの運用など、とても幅広い業務にチャレンジする機会を得られています。振り返ると、自分自身のキャリアにとてもプラスになったと感じています。

正直、ベンチャー企業での仕事は忙しい時期も多く、イレギュラーな業務も多々発生するため、大変な場面も多いです。ですが、その分だけ自分の成長につながる機会も多いので、スキルアップを目的とした転職活動をしている方には、素直にオススメしたいです。ベンチャー企業での勤務は、とても貴重な経験になると思いますよ!

こちらの記事もオススメ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)