転職活動の進め方

【地元へUターン転職】仕事を辞めてから転職活動?就職活動の進め方

Uターン転職の進め方と仕事探し

進学・就職などの理由から、地元以外の都市で生活する人も増えてきています。そのまま地元以外で生活を続ける人もいれば、あるタイミングで地元にUターンする方もいるかと思いますが、そこで問題になるのが転職活動。特に遠方からUターン転職をする場合、働きながらの転職活動に苦労する場合も多いです。

私自身、都市圏から地方企業へ転職した経験がありますが、働きながらの応募書類の準備や採用面接の調整など、とても苦労したことを覚えています。

それを踏まえて、今回はUターン転職の進め方やタイミングについてお話します。Uターン希望の方はもちろん、Iターン希望の方も参考にしてください。

可能であれば、在職中に転職活動を行うのがオススメ

精神的・体力的に問題なければ、「仕事を続けながらUターン転職を行う」ことをオススメします。仕事を辞めて収入面で不安になりながら転職活動をするよりも、収入面で焦らず落ち着いて転職先を選ぶことができるためです。

ですが、面接のたびに有給休暇を取得したり、面接地が遠方の場合は体力を消耗したりと、在職しながらだとデメリットがあるのも事実です。

資金面に余裕があれば、Uターン後に転職活動でもOK

資金面にある程度の余裕があれば、「退職してUターン後に転職先を探す」というのもアリです。面接日時の調整の煩わしさや移動時の体力的な負担がなくなるため、精神的に納得のいく転職活動を行うことができます。

副業等をしている場合を除き、転職活動中の収入がなくなることがデメリットになります。

それぞれメリット・デメリットがある

在職しながら転職活動を行うか、退職してUターン後に転職活動を行うかは、その人次第です。それぞれメリット・デメリットがあるので、自分に合う方を選択しましょう。

在職中に転職活動を行う場合

○ メリット 転職資金の不安なし、資金面では焦らず転職可能
× デメリット 転職活動に掛けられる時間の確保、面接日時の調整が難しい

退職後・Uターン後に転職活動を行う場合

○ メリット 時間的に落ちついた転職活動が可能、面接日時の調整も容易
× デメリット 副業なしの場合は収入ゼロ、転職資金に余裕のあることが必須

在職中の場合、転職完了までの目安は約3ヶ月

通常の転職活動の場合よりも、Uターン転職では応募〜退職まで日数を要する場合が多いです。面接地が遠方の場合だと、面接調整に苦労するケースがあるためです。

ざっくりスケジュール感を見積もると…

  • 求人情報リサーチ・応募 ⇛ 約1ヶ月
  • 書類選考・採用面接 ⇛ 約1ヶ月
  • 内定獲得・退職手続き ⇛ 約1ヶ月

というイメージです。

内定獲得後、会社の退職手続き以外にも引っ越し等の準備が必要なため、通常の転職と比べて転職完了までに要する日数が長くなります。日数に余裕を持って転職活動を行うことをオススメします。

求人情報の収集が特に重要

Uターン転職の場合、スタートダッシュともなる求人情報リサーチが特に重要です。大都市圏の場合だとWeb上で様々な求人情報が得られますが、地方の場合だとまだまだWeb上で求人活動を行っている企業が多くはありません。

地方特化型の求人情報サイトのほか、転職エージェントを利用して「自分にマッチする転職先を探してもらう」ことも検討してみましょう。自分一人で探すよりも、スムーズに転職先を見つけられる場合が多いです。

転職完了までのスケジュールには余裕を持って

通常の転職と比較して、Uターン転職では要する日数が長めです。

例①:精神的に落ち着いて転職するなら退職してから
例②:在職中なら、転職活動の期間を長めに見積もる

自分に適した転職活動の進め方で、納得のいく転職活動を行いましょう。

採用面接の日時調整は無理ないように

上述の内容と重複しますが、採用面接の日時調整に苦戦する場合が出てくるかもしれません。

面接日時の確定後、不必要にスケジュール変更を行うと良い印象を持たれない可能性もあります。応募先から提案された面接日時がどうしてもムリな場合は、素直に相談するようにしてください。

地方移住支援の制度も要チェック

転職希望先の地域によっては、独自に移住支援を行ったり、希望者向けのWebページを設けていたりします。下記のような移住者向けWebサイトが公開されていますので、Uターン転職時にはリサーチしてみてください。

私自身は在職中に転職活動を実施

私自身も、東京の企業で勤務を行っている時に、地方への転職活動を行った経験があります。その際、「働きながら転職活動を行うべきか」と悩んだことがあります。

結果としては、働きながら転職活動を行うことを選びました。有給休暇が取得しやすい時期に転職活動をスタートしたことや、資金面に余裕を持ちながら転職活動を行いたかったことが、その理由です。それでも時間の確保は大変でしたが、収入面では焦ることなく転職活動を進められたため、納得のいく転職ができたと思っています。

自分の置かれている状況や在住地と移住先との距離感次第で、どちらの選択肢が良いかは変わってきます。自分に適したやり方を選んで、ベストな転職を行えるようにしていきましょう!

地方の魅力を解説したWebサイトを紹介

参考として、地方の魅力を紹介するWebサイト「トラベラーズ・ライフ」を紹介します。本サイトの姉妹サイトですが、写真・文章を豊富に使用して、日本の各地方の情報発信を行っています。
興味を持たれた方は、下記リンクよりぜひ訪問してみてください!

こちらの記事もオススメ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)