書類準備・面接対策

【履歴書と職務経歴書の違い】転職時の応募書類は両方セットで提出

履歴書・職務経歴書の役割の違い

就職・転職時に必ず作成が必要となる応募書類が「履歴書と職務経歴書」です。履歴書・職務経歴書のどちらとも、自分のそれまでの経歴やキャリアについて記入する書類になりますが、記入する項目と内容がそれぞれ異なります。

履歴書では自分の学歴・経歴を箇条書きに記載し、職務経歴書で経歴の詳細やキャリアのPRを行うイメージです。
応募先から特に指示がない場合は、履歴書・職務経歴書を両方セットで提出するのが原則になります。

今回は履歴書・職務経歴書の違いに着目して解説するので、これから転職活動で応募書類の作成を行う方は参考にしてみてください。

履歴書について

履歴書については、アナタの学歴・職歴などの経歴情報を正しくまとめる応募書類です。使用するフォーマットによって異なりますが、基本的なプロフィール情報に加え「志望動機・自己PR・得意な科目」などを記載する自由記入欄を設けているものもあります。自分の書きやすいフォーマットの履歴書を使用しましょう。

また履歴書の作成を行う際、下記を意識して作成を行うようにしてください。

履歴書のPOINT
  • 住所・学歴・職歴は省略NG!フルネームで記入
  • 資格の項目は、応募先で活かせる資格を中心に記入
  • 志望動機は応募先の企業に合わせて!使いまわしNG
  • 自己PR欄には、自分を採用することの利点を記載
  • 本人希望欄には必要最低限の事項を記載する
  • 書類完成後は再チェック!誤字脱字は絶対NG

職務経歴書について

職務経歴書は、アナタが持っているキャリア・スキルをPRする応募書類です。これまでのキャリアの中で、応募先企業で活かせそうなものについては必ず記載するようにしてください。

また、作成はPC・手書きのどちらでも構いませんが、PCスキルをPRしたいのであればPCでの作成(A4サイズ)をオススメします。最近では、WEBから様々な職務経歴書のフォーマットのダウンロードが可能なので、作成時には使い勝手の良いものを探してみてください。

職務経歴書のPOINT
  • 応募先企業で活かせるキャリア・スキルは必ず記載
  • 事実だけでなく「どう活かせそうか」まで深堀して記載
  • 自分を良く見せようとして「嘘」を書いてはNG
  • 基本のフォントサイズは10pt〜11pt
  • 作成後、誤字脱字がないか必ず再チェック
  • 印刷して提出する場合は片面印刷が基本

履歴書・職務経歴書の違いと役割分担

履歴書・職務経歴書の違いは分かりづらいかもしれませんが、「履歴書は基本プロフィールを書く」・「職務経歴書でプロフィールを掘り下げる」と捉えてもらったら大丈夫です。「どんな内容を書いたらPRになるだろう」という部分を念頭において、各書類の作成を行ってください。

履歴書・職務経歴書はセット提出が基本

パート・アルバイトなどで職務経歴書が不要な場合を除き、基本的には履歴書と職務経歴書の提出はセットとなります。応募企業によっては職務経歴書を不要とするケースもありますが、特に指定がない場合はセットで提出するようにしましょう。

また応募企業によっては、書類のフォーマットや提出方法があらかじめ指定されているケースもあるので、作成・提出前にはチェックするようにしてください。

応募書類を送付する際の注意点

応募先から履歴書・職務経歴書の郵送依頼を受けた場合、作成した書類をそのまま郵送するのはNGです。以下の点に気をつけて送付準備を進めてください。

必要最低限の書類にプラスαすることで、企業担当者には好印象に映ります。

  • 応募書類のほか、「添え状」を同封する
  • 応募書類・添え状はクリアファイルに入れて封筒へ
  • 封筒表面に「応募書類在中」と赤字で記載する
  • 郵送書類の到着日は、締め切りまで余裕を持って

参考サイトはこちら

履歴書・職務経歴書の作成にあたり、参考になりそうなサイトをピックアップしてみます。興味のある方は、ぜひ閲覧してみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)