転職ニュース情報

【大手企業の人員削減・リストラ】NEC・東芝・富士通の事例(2019年)

「大手企業=一生安泰」は正しいか?

大手企業への就職を目指し、就職活動や転職活動を進める方はまだまだ多いかと思います。ここ最近の人材不足の背景もあり、大手企業でも積極的に人材採用を行っている企業が増えています。

自分自身のスキルアップやキャリア形成を目指して大手企業を目指すのであれば、問題ないかと思います。ですが、「大手企業に入社して安定した生活を送りたい!」と思っている方がいるとすれば、私的には転職をオススメしません。なぜなら、「大手企業でも人員削減の可能性が大いにある」ためです。

今回の記事では、大手企業で過去に人員削減やリストラが行われた事例を紹介したいと思います。転職目的は人それぞれですが、安定を求めて大手企業を安易に選ぶのだけは避けるべきかと思います。

大手企業で進む人員削減・リストラ

「働くからには、経営安定の大手企業」
「大手メーカーに入社できたから、一生安泰だ!」

このように、一昔前までは「大手企業への入社 = 勝ち組」というイメージが一般的でした。定年まで逃げ切り勝ちをすれば、悠々自適にセカンドライフを過ごせる。古き良き時代とも言えます。

残念ながら、情報・経済の流動性が激しい現代では、大手企業の安定性は保証できないものになってきています。トヨタ自動車で「終身雇用の見直し」が宣言されたことは大きなニュースになりましたが、それ以外の大手企業でも、人員削減・リストラ計画が進んでいます。

「自分のキャリアは自分で磨く」

周囲に流されて働くだけの時代が終わり、自分自身でキャリア・働き方を見つめ直す時代に入りつつあります。

NEC・東芝・富士通でも人員削減計画を発表

2018年〜2019年に、人員削減・リストラ計画を発表した企業の例として「NEC・東芝・富士通」の3社をピックアップします。

人員削減の事例
NEC (日本電気) 45歳以上の社員から希望退職者を募集。募集人数に定めなし (2018年発表)
東芝 約7,000人規模の人員削減 (2018年発表)
富士通 約2,850人規模の人員削減 (2019年発表)

東芝・富士通では、数千人単位での人員削減を計画しています。いずれも、人員削減による人件費カット・収益改善を図ることが目的とみられます。

「終身雇用の崩壊」を叫ぶ企業が多数

NEC・東芝・富士通を例に挙げましたが、それ以外でも人員削減を宣言している大企業は多数あります。数社ほどピックアップしますが、いかに終身雇用が保証しきれない時代になってきているかが分かります。

  • 朝日新聞:早期退職者を募集 (2019年発表)
  • みずほ証券:50歳以上の社員で早期退職者を募集 (2019年発表)
  • セブン&アイHD:3,000人の人員削減を実施 (2019年発表)
  • キリンHD:45歳以上の社員で早期退職者を募集 (2019年発表)
  • 日産自動車:1万2,500人規模の人員削減を実施 (2019年発表)
  • 三菱UFJ銀行:店舗閉鎖・人員削減を実施 (2019年発表)

「大手企業=一生安泰」はもはや幻想

人員削減・リストラを実施している企業をピックアップしましたが、いずれも名前を目にしたことがある企業ばかりだと思います。いつどこで、また新たに人員削減を行う企業が出てくるかは、誰にもわかりません。「対岸の火事」のような他人事で見ていられる時代ではなくなっています。

  • 今までの会社生活で得られたスキルは何か?
  • 仮に転職する時、PRできるものは何かあるか?
  • 他に自分がやりたいことは何かあるか?

自分のこれまでのキャリアやスキルを見直し、より自分のスキルアップにつながる働き方を考えていく必要が出てきています。

ポジティブに捉えることをオススメ

大手企業の安定性が保証できないというニュースを見ると、「もう幸せな生活を夢見ることはできないのか」と捉える人も多いかもしれません。ですが、それは早合点です。

「終身雇用でイレギュラーの少ない生活」というのは、幸せな生活・満足できる生活を得るための「手段の1つ」に過ぎません。

  • 変化は激しいけど、やりがいのある仕事
  • 収入は減るけど、家族との時間を大事にできる仕事
  • 拘束時間は長いけど、とにかく稼げる仕事
  • 将来の独立起業を目指して働ける仕事

どんな仕事・働き方でも、メリット・デメリットは存在します。「大手企業への就職 = 唯一の成功」という価値観を捨てて、自分の働く目的・キャリアを見直してみるのはいかがでしょうか?

固定観念がなくなりつつある時代だからこそ、もっとポジティブで楽しい働き方ができるはずです!

私自身、企業規模にこだわらず転職活動を行った

私自身も、これまで転職活動の経験があります。これまで勤務経験のある企業の中には、ベンチャー企業のように企業規模の小さい企業も含まれています。

自身のキャリアアップのために人材系のベンチャー企業への転職を行いましたが、結果としては「自分にとってプラスになった」と感じています。ベンチャー企業ならではのスピード感や成長志向など、働き方の改善につながったからです。

あくまで私の所感ですが、「企業規模にとらわれずに転職先を探してみる」ことが最終的には自分のプラスになると思います。これから転職活動を行う方は、ぜひ参考にしてみてください!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)