転職活動の進め方

【中小企業の求人情報の探し方】オススメの転職情報の見つけ方を紹介

中小企業と大企業の違い

中小企業基本法という法律に基づき、資本金・出資金・従業員数が一定規模以下の企業を「中小企業」と呼ぶことになっています。逆に「大企業」の定義自体はありませんが、中小企業の規模を超える企業を指す場合が多いです。

法律上の定義の詳細は割愛しますが、一般的なイメージだと…

  • 中小企業 ⇛ 小規模な事業展開&従業員数も少なめ
  • 大企業 ⇛ 売上高が数千億円レベル&従業員数は数千人規模

となるかと思います。

「大企業の方が経営基盤が安定している」と広く考えられているのも、大企業の企業規模が大きいことに起因しています。企業規模や安定性を重視するのであれば、大企業を目指すのも1つです。

ですが、中小企業には中小企業独自の働くメリットが存在します。私自身もベンチャー系の地方中小企業で勤務した経験がありますが、振り返ると「仕事範囲が広くて大変だけど、スキルアップにつながっている」と実感しており、結果的には中小企業勤務が良い経験になっています。

今回、中小企業への転職を検討している方に向けてお話したいと思います。

中小企業で働くメリット

中小企業の仕事・業務内容の特徴として、「任される仕事の範囲や種類が広い」ということが挙げられます。これをメリットと感じるかデメリットと感じるかはその人次第ですが、「会社の歯車でしかない」という感じは大企業よりも薄いと思います。

中小企業の仕事の特徴
  • 担当する業務の裁量が大きい
  • 幅広いスキルの習得や、マネジメント経験が積める
  • 経営者クラスの社員と関わる機会が多い
  • 自分の意見やアイディアを主張できる機会が多い

否が応でも、中小企業では様々な種類の業務に関わる機会が出てきます。ネガティブに考えれば「単に大変なだけ」ですが、ポジティブに考えると「自分のスキルアップにつながる」と捉えられます。

あとは経営者との距離感が近いので、経営に対する知見を得られたり、自分のアイディア発信を行いやすいことも、中小企業の特徴ですね。

中小企業に向いている人とは

多数の中小企業が存在するため一概には言えませんが、下記のような人であれば、中小企業でも楽しく働いていくことができると思います。

  • 会社の末端業務だけを行うのでは満足できない
  • 様々な業務経験を積んで、自分のスキルアップにつなげたい
  • 地域や地元に密着した会社で働きたい
  • ニッチトップを目指せる企業で、事業展開に関わりたい

「仕事の種類が増えて大変だけど、自分のスキルアップにつながっているから」とやりがいを感じられるのであれば、中小企業はオススメです。

逆に、経営基盤の安定性や終身雇用・年功序列に重きを置くのであれば、中小企業を避けて転職活動を行うのが無難です。

スキルアップにつながる働き方ができる

日本では、業種業態を問わず様々な中小企業が活躍しています。なかなかテレビやニュースで取り上げられることは少ないですが、大企業では考えられない製品やサービス開発を行っている企業もたくさんあります。

転職を検討している方で「せっかくだから面白い仕事がしたい!」と考えている方は、中小企業にも目を向けてみることをオススメします。

中小企業の求人情報を探すには

とは言っても、「中小企業の求人情報ってどうやって探したら良いの?」と思う方も多いと思います。大手求人サイトでは、大手企業の求人や派遣会社の求人が多いため、魅力的な中小企業の求人情報を探しづらい状況です。

中小企業の求人情報を探すにあたり、「転職エージェントを利用する」or「地方特化型の求人サイトを利用する」の2つをご紹介したいと思います。

手段①:転職エージェントを利用

自分の希望する条件・働き方にマッチする求人を、転職エージェントに探してもらう方法です。転職エージェントは、応募者が採用になった際に企業側から報酬を受け取るシステムを取っているため、転職希望者には積極的に求人情報を提供します。

転職エージェントの利用の流れですが…

  • 自分のキャリアおよび希望条件などを、転職エージェントがヒアリング
  • 転職エージェントから、希望にマッチする求人情報の紹介を受ける
  • 不安な部分は、転職エージェントに相談可能
  • 問題なければ、応募&選考スタート

といったイメージになります。自分を客観的に評価してもらえるのも、転職エージェントの強みですね。

手段②:地方特化型の求人サイトを利用

地方特化型の求人サイトを利用して、「自分で求人情報を探して応募する」という方法です。求人サイトの例を、いくつか紹介してみます。

地方特化型の求人サイト

このように、各都道府県に特化した求人サイトがある場合があります。このような求人サイトの場合、企業規模に問わず求人情報が掲載されているため、中小企業への転職を検討している方にはオススメです。

自分の希望勤務地にこのような求人サイトがないか、チェックしてみましょう。

転職活動の目的をしっかり持つ

中小企業を転職先として選ぶのは、あくまで希望する働き方を叶えるための「手段の1つ」です。大事なのは「中小企業 or 大企業」ということではなく、「自分がどういう目的で転職しようとしているのか」ということ。自分の転職目的をしっかり見つめ直しながら、納得のいく転職活動を進めましょう!

私自身、中小企業でスキルアップができている

私も、中小企業で営業職・Web制作事業などを経験していますが、それまでは業界・職種とも経験ゼロでした。ですが、意外と働くことができています(笑) 「これからの自分のために、少し頑張ってでも働いてみたい!」というモチベーションがあれば、自分自身の糧になる働き方ができると思います。

自分のスキルアップにつながる働き方を探している方、ぜひベンチャー企業や中小企業にも目を向けてみてください!

こちらの記事もオススメ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)